読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

布製母乳パッドの使い心地は想像以上に良かった

ベビーグッズ

出産するまで便利さが分からないグッズのひとつ、母乳パッド。

使い捨てではあっという間に消費してしまってもったいなくて、布製母乳パッドを使ってみた記録。

ズボラな私でも布製母乳パッドに手を出した理由

私はエコな人間ではないし、ズボラな性格なので布ナプキンや布おむつなどは一切興味がない。だって洗うのめんどくさいんだもん。

それでも布製母乳パッドに手を出したのには理由がある。

まず、想像以上に母乳の出が良く、使い捨て母乳パッドの消費が激しいこと。

母乳パッドを一日に何度も交換しないとキャパオーバーで母乳が溢れて服に染みてしまうので、初めの1ヶ月半で60枚入り×5箱を消費してしまった。

使い捨て母乳パッドは別に高いものではないけど、さすがにこのペースで卒乳まで消費したらもったいない気がするし、ゴミもたくさん出てめんどくさいし、何より買うのがめんどくさい。

さらに、使い捨て母乳パッドはナプキンと同じで長時間使うとかぶれてしまう。

ナプキンかぶれと同じなら、たぶん布の方が肌に優しいはず。

そんな理由で、布製母乳パッドに手を出してみた。

想像以上に使い心地がいいし、便利

というわけで布製母乳パッドを使い始めて一週間。思ったよりも使い心地がいいし、便利だった。

まず、布製だと思ってナメていたけど、特殊な繊維で母乳をたっぷり吸ってくれる。使い捨てに引けを取らないキャパだと思う。

そして、洗うのも普通に洗濯&乾燥ができるので非常に楽。今は赤ちゃんの洗濯物が多くて毎日洗濯機を回しているから、6枚入り1セットで十分回る。

最後に気になる肌触りも、期待以上に優しい。夜の大量の母乳漏れでも、肌が痛くならないのは本当に嬉しい。

ちなみに、出先では持ち歩きにかさばるし、服のラインに響くから使い捨てを使っている。

難点を挙げるとすれば、使い捨てのように粘着テープで固定するわけではないので、ズレやすいこと。まあ、家の中で使う分には多少ズレて漏れても気にならないから、これは目を瞑れるかな。

布製母乳パッドは使い心地もいいし、節約にもなっておすすめ!

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。