読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

授乳ケープがなくてもあの定番アイテムで代用できる!

ベビーグッズ

専用アイテムが増えがちな育児期間を、手持ちのアイテムで乗り切る!

母乳育児に欠かせないとされる授乳ケープ。実は「あの」定番アイテムを使えば、卒乳後も使えるばかりか、授乳期間中も荷物を増やさなくて済むかも。

授乳ケープの代わりに…

前回の記事で授乳ケープは持っていないと書いた。代わりに大判ガーゼをマザーズバッグに入れることもあるけど、基本的にはかさばるのが嫌で持たない。

じゃあ、出先で授乳するときはどうしているのか?

個室の授乳室だったり、小児科など周りを気にしなくて済む場所なら普通にそのまま授乳する。

ところが、イギリスではどこでも授乳する権利が法律で認められているので、公園でもカフェでも街のベンチでも授乳することが可能だ。こういった場所で授乳する場合はさすがに周囲への配慮が必要になる。

そこで活躍するのが、これ。

「カーディガン」!

カーディガンを授乳ケープ代わりにする

カーディガンを授乳ケープ代わりにする方法は簡単。

  • カーディガンを前後逆さに着る

  • カーディガンの中で服や下着をずらす

  • 赤ちゃんをカーディガンの中に入れて授乳する

伸縮性のあるニットで、なるべく汚れたり伸びたりしてもいいものを。

ロングカーディガンだと、授乳しているところが見えづらくてなおよし。

秋〜春なら自分で着てしまえば荷物にもならなくて済む!

新しく買うならユニクロやH&Mなどのプチプラなものか、自宅で洗えるものを。

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。