読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

ベビー綿棒は無印良品の細軸綿棒がコスパ◎

ベビーグッズ

赤ちゃんが生まれると避けられないのが大量の消耗品…。

「消えもの」はなるべくおトクに済ませたいところ!

そんな消耗品のひとつ、ベビー綿棒は無印良品の細軸綿棒がコスパ◎だったのでその記録。

無印良品の細軸綿棒

f:id:eicobaby:20161012010405j:plain

200本入りで252円なり。さらに詰め替え用なら231円。

イギリスでは、それぞれ£2.50、£1.95で売っていて、なぜか日本より詰め替え用のおトク度が高い。

無印良品週間に買えばさらに10%オフでおトク。

ピジョンの細軸綿棒は同じ200本で489円(Amazon、投稿時点)となっているので、無印の方が半額に近いことになる。

もちろん、無印の細軸綿棒もパッケージに「ベビーのお手入れに」とあるので安心して赤ちゃんに使える。

気になる使い心地。うちでは娘の鼻のそうじに使っている。娘は吐き戻しが多いので、鼻にミルクが詰まりやすいけど、無印の細軸綿棒でクルクルとそうじしてあげるとすぐに絡め取れる。

最近、大人用の綿棒を使い切ったので、大人の耳そうじにも使ってみた。細さに慣れないから最初は心もとない気がするけど、汚れはちゃんと取れた。ベビー綿棒が必要な間は大人も赤ちゃんも無印の細軸綿棒を共用するつもり。

ちなみにイギリスのベビー綿棒はというと

日本ではベビー綿棒と言えば細軸綿棒が常識。

ところが、イギリスのベビー綿棒はというと…

f:id:eicobaby:20161012011316j:plain

ごんぶと!

安全のために、先端しか鼻や耳に入らない作りになっている。

安全第一なのはいいけれど、これじゃあそうじにならないよ…というのが使ってみた感想。

フワフワしてるから、おへその止血には良かったけどね。

所変われば育児の常識は違うのは常だけど、ベビー綿棒はさすがに違いすぎ。

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。