読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

ベビーカーの選び方(後編)〜マクラーレンとベビーゼンで迷った末に…

ベビーグッズ 妊娠中

気になるベビーカーの選び方。

3つに絞ったベビーカー候補を最終的に1つに絞るまでの過程です。

前編・中編はこちらから。

eicobaby.hatenablog.com

eicobaby.hatenablog.com

3つのベビーカー候補

中編でご紹介した3つのベビーカー候補。

イギリスでは最軽量・最小のひとつ。イギリスメーカーなこともあって価格も魅力。操作性に定評があり、日本での使い回しも良さそう。

ただし、折りたたんだ際に自立しなかったり、片手で折りたためない、対面型にならないなど、日本メーカーのものに比べると今一歩な点もあり。

フランスメーカーのオシャレなデザインと機内持ち込みサイズにまでコンパクトに折りたためる革新性が魅力。新生児からフルフラットで使用できる。

一方で、折りたたみ機構がやや複雑なので慣れるまで手間取りそうなことと、価格設定が高めな上に新生児用シートなど追加での費用がかさむことが難点。

軽さ・サイズ・折りたたみやすさは海外メーカーとは比べものにならず、さらに追加投資なしでの両対面型対応やハイシートなども日本メーカーならではの機能。

唯一の難点はイギリスでの入手が難しいこと。追加送料手数料覚悟で日本から輸入するか、中古での出物を待つか。

詳しい比較は前回記事にて。

eicobaby.hatenablog.com

絞り込む…

さて、これら3つのベビーカーについて、ネットでクチコミを探したり、店頭で繰り返し触ったり(コンビのものについては一時帰国時に…)、吟味を重ねました。

最初に候補から外れたのは、コンビ メチャカル ハンディ エッグショック DF

機能はとても魅力的ですが、あまりにコストがかかる。定価が4万円台な上に日本からイギリスに輸送しする送料や輸入手数料を足すと恐らく予算オーバーに。さらに輸送中に壊れたりロストするリスクも…。また、ベビーカーは普通に使っても数年後には車輪にガタがきやすいみたいなので中古はやめておこう、と。

それなら、今はイギリスで買えるベビーカーを選んで、将来日本に帰国した際に更に軽くて安いB型ベビーカーを買った方がお財布にも優しいかな。

そして残ったマクラーレン クエストベビーゼン(Babyzen) ヨーヨー+(yoyo)

これらはとにかく実機を触りました。

その中で実感したのは、マクラーレンの方がたたみやすいこと。やはり機構はシンプルな方がいいなー、と。

さらに、やはりネックになったベビーゼンの価格設定。6ヶ月(日本では4ヶ月)から使える基本セットだけでも£300超(5万円近く)。新生児用シートを買わずにチャイルドシートを取り付けてトラベルシステムとしても使えば節約にはなるものの、今度は重さとたためなくなることがネックに。6ヶ月を迎える頃には日本に帰国している可能性もあり、それならもっと軽くて安い日本メーカーのB型を使った方が合理的だし。でもそうするとベビーゼンの基本セットは使わずじまいになる可能性も?!もったいない!

その点、マクラーレンなら初期投資(実売価格£180=3万円弱)のみで新生児から使えるから、ガンガン乗り倒しちゃえば、仮に6ヶ月を迎える頃に帰国しても心置きなく日本メーカーのB型に乗り換えられるかも。

結論は?

というわけで、我が家では最終的にマクラーレン クエストを買うことにしました。

次回は実際にマクラーレン クエストを購入した感想を書きます!

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。