読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

妊婦の旅行ってどうなの?④:長距離フライト(ビジネス)編

妊娠中---妊娠中期 妊娠中---マタ旅 妊娠中

日本への一時帰国、往路の一部区間はマイルでビジネスクラスにアップグレードできました。 妊婦目線でのビジネスクラス利用の感想についてまとめます。

ヘルシンキ〜成田、9時間半の旅

今回利用したのはヘルシンキ発成田行きのJALです。

所要時間は9時間30分。機材はボーイング787です。

マイルでアップグレードできただけあって、ビジネスクラスには余裕がありました。エコノミークラスはゴールデンウィークの旅行からの帰国客でほぼ満席だったようです。

搭乗ゲートから機体まではバス移動だったので、JALでも優先搭乗云々の恩恵はありませんでした。それ以前に乗り継ぎ便が遅れて到着していたのでギリギリでしたが。

気になる機内での快適性は?

f:id:eicobaby:20160518175703j:plain 日系航空会社を利用するのは渡英した際以来なので1年半ぶり。

それ以前も仕事でもプライベートでも国際線を利用する際は外資系航空会社利用が多かったのですが、日系航空会社は「乗った瞬間から日本!!」な安心感があり、今回はそれで特にホッとしました。

いつもはサービス過剰だろ、とすら感じていましたが、少なからず体調に不安がある身としてはすごく嬉しかったです。(我ながら自己中ですよね…^^;)

シートは当然のようにフルフラットのベッド状態になり、エアウィーブのマットレスに掛け布団まで付いているので文句なしです。

もちろん、本物のベッドに比べれば硬いし、腰も若干痛くなりますが、何と言っても横になれることは嬉しいです。

9時間半のフライトで最初と最後の各2時間は食事のサーブや着陸準備でバタバタするので起きてしまいましたが、4時間半の睡眠でも日本への到着日からバッチリ行動できるくらい休めました。

気になるトイレへの行きやすさですが、JALの場合全席通路へのアクセスが確保されているので、いつでも周囲を気にせずトイレに行けます。

妊婦は特に注意が必要なエコノミークラス症候群対策も兼ねて、2時間に一度くらいはトイレに席を立ちましたが自分が行きたいタイミングで行けたので気が楽でした。また、ビジネスはトイレ一つあたりの席数が少ないので、エコノミーのように順番待ちをすることも少ないので頻尿妊婦にはありがたいです。

ビジネスならではの楽しみ!機内食

さて、ビジネスクラスに乗ると機内食もグレードアップされるので楽しみのひとつになりますよね。

今回、私も楽しみにしていました。だってイギリスではまともな和食に出会えないし!

ところが…

日系航空会社であるが故なのでしょうが…

メニュー(特に前菜)に火が通っていない魚が多い…。

刺身にスモークサーモン、酢漬けに炙り…。

あと、生ハム系もありましたね。

いや、私も妊娠していなければ嬉しかったですよ。特に海外在住だと。

日系航空会社だし大丈夫だろうという気持ちも半分ありましたが、イギリスでトキソプラズマの恐怖心を植え付けられている身としては箸が伸びず、前菜の1/3ほどは残す羽目に。

また、つわり後に塩辛いものが食べられなくなったからか、知らず知らず減塩していたのか、お味噌汁とお漬物がしょっぱくて食べられなかった…。

というわけで、楽しみにしていた機内食も、妊娠中の制約と味覚の変化であまり楽しめませんでした。とほほ。

関連記事はこちらから。

eicobaby.hatenablog.com

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。