読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

【つわり体験談】②吐きつわり中に食べられた/食べられなかったもの26選

妊娠中---妊娠初期 妊娠中---妊娠中のマイナートラブル 妊娠中

私がつわりになっていた約2カ月の大部分は吐きつわりで、何なら少しでも食べられそうか試行錯誤の毎日でした。

頑張って口にしても気持ち悪くなってしまうことを少しでも避けたくて、ネットで他のつわり経験者が食べられたもの、食べられなかったものを必死に調べたりもしました。

そこで、今つわりに苦しんでいる方向けに少しでも参考になればと、私が食べられたものと食べられなかったもの、そしてつわりが終わった今も食べられないものについてまとめます。

私が吐きつわり中でも食べられたもの◇15選

まずは、吐きつわりの間も食べられたものを時期別に見ていきましょう。

<つわり初期&末期>

  • チャーハン、ケチャップライスなど炒めたご飯

つわりが始まってすぐ炊きたてごはんのにおいや、白いごはん自体がダメになりましたが、炒めて水分を飛ばして味を付ければ食べられました。調理もできる状態ではなかったので、インスタントのチャーハンの素や手軽なケチャップライスをまとめて作って、ちょこちょこ食べていました。

  • アボカド

深く考えず、ただ食べられるからと連日食べていたアボカドですが、後になって実はビタミンB(つわりを軽減する)や葉酸の宝庫だということが分かりました。これも特に凝ったことはせず、塩胡椒とオリーブオイルをかけて頂きました。

  • 納豆

もともと納豆は大好きなのですが、あらゆるもののにおいがダメになっても納豆は大丈夫でした。納豆があれば白いごはん(冷めたもの)が食べられましたし、タンパク源だと思っておかずにしていました。後から、実は鉄分が豊富だと知りました。

  • ミニトマト

洗っておくだけで、水分補給を兼ねてつまんでいました。さわやかな風味と水分が口当たりよく感じて初期の頃は食欲がない日も毎日食べていました。

  • マクドナルド全般

妊婦の定番、そして救世主とも言えますよね。私も多分に漏れずハマりました。どんなに食欲がなくてもセットが食べられたから不思議。でも、つわりが終わるとあまり魅力を感じなくなりました…(ほっ。)

<つわりピーク期>

  • りんご

つわりピーク期は食事はおろか飲み物もまともに取れなかったのですが、りんごだけはずっと食べられました。カットりんごを冷蔵庫に常備して一日中ちょこちょこつまんでいました。薄甘くて、水分があるから気分も少し良くなりました。

  • 桃の缶詰

シロップに浸かった黄桃はつるんと食べられました。栄養不足になっていたのか、ひんやりとしたシロップの甘みをすごく幸せに感じました。

  • クラッカー

本当はプレミアムが食べたかったのですが、イギリスでは売っていないのでリッツで我慢。この時期は主食ものをほとんど食べられませんでしたが、クラッカーだとまだ食べられる時が多かったです。

  • ナッツ

タンパク質の補給と思ってアーモンドやカシューナッツを食べてみたら意外と食べられたので、つわりのピーク期に比較的良くつまんでいました。においがしないのも良かったのかもしれません。

  • ハッピーターン

「魔法の粉」はつわり中も効果抜群でした…(笑)。1-2枚つまむ分には気持ち悪くならず、味が濃いので満足感もありました。

  • ガリ(生姜の甘酢漬け)

これはネットで調べて試してみたもの!恐る恐る食べてみると、気持ち悪さがしばらく消える!!少しごはんを食べられるようになった時に、ガリご飯にしてみたら美味しく食べられてびっくりしました。

  • 梅干し

こちらもごはんを少し食べられるようになった時に、粉末出汁と一緒にお茶漬けにしていました。塩分は気になるところですが、この当時の食事全体からの塩分摂取量も少ないと思ってあまり気にせず食べていました。

<つわり末期>

  • 炊き込みご飯

つわり末期になってもまだ炊きたてご飯のにおいは苦手だったので、炊き込みご飯にしていました。これだと冷めてもそのまま食べられるから少しずつ食べるのに良いんですよね。この頃もまだ調理は辛かったので、炊き込みご飯の素を活用していました。

<飲み物>

  • アールグレイの紅茶

つわりのピーク期はずっと同じ飲み物を飲んでいると味がしなくなってきて飲めなくなったのですが、ノンカフェインのアールグレイの紅茶を試してみると香りが強いからか大丈夫でした。ちなみに、飲んだ直後に吐いても口の中がさわやかでした…^^;

  • フルーツジュース

同じ飲み物を続けて飲めなくなったことに加え、少しでもビタミンと糖分補給になればと思ってミニッツメイドなどのフルーツジュースを飲んでいました。柑橘系は気持ち悪くなることもあったのでりんごジュースやパイナップルジュース、ミックスフルーツジュースを飲んでいました。ちなみに柑橘系ですがオレンジジュースは葉酸が含まれていたので、吐き気が軽い時は飲んでいました。

私が吐きつわり中に食べられなかったもの◇5選

  • 炊きたてごはん

つわり中の妊婦の定番だと思いますが、とにかくにおいがダメでした!炊けるまでのにおいも普段より強く感じてしまい、炊飯器のスイッチが入った瞬間、別の部屋に逃げ込んでしまうほどでした。

  • パスタ

脂っぽくなりがちだからか、パスタは全然手が伸びませんでした。妊娠前はイタリアンが好きだったのですが、パスタに限らず一切ダメになりました。つわりが終わった途端食べたくなりましたが。

  • うどん

つわりの最初のうちはうどんをよく食べていましたが、ある時からうどんを食べるとひどい胃もたれをするようになってしまいました。冷凍うどんでもカップ麺でもお店の手打ちうどんでも全部ダメでした。

  • 肉・魚全般

肉・魚は調理中のにおいはもちろん、食卓にあるだけでダメでした。もともとどちらも大好きなのですが、つわり中は「なんちゃってベジタリアン」になっていました。

  • サプリメントの錠剤

私はもともと錠剤を飲むのが苦手なので、妊婦に必須の葉酸の錠剤もミンティアくらいのサイズの小さめのものを飲んでいましたが、それでもつわりのピーク期になると飲み込めなくなり、吐き気を催すようになってしまいました。11週だったので、食品から葉酸を取るように努めました。

私が吐きつわりが終わっても食べられないもの◇6選

  • 海苔

つわりの初期はご飯を食べやすくするためによく海苔と一緒に食べていましたが、ある時海苔味のゲップがしてからは海苔を食べると気持ち悪くなるようになりました。これはなぜか未だに治っていません。もともと海苔だけでバリバリ食べてしまうほど海苔好きだったのですが。

  • ヨーグルト

便秘対策もあってつわりの初期は食欲がない時の食事代わりによく食べていたヨーグルトですが、これもある時期から突然食べると吐き気を感じるようになりました。未だにヨーグルトを食べるとその日は一日中気持ち悪くなります。飲むヨーグルトもダメなのでちょっと困ります。

  • レトルトのハヤシソース

これも食べるとひどい胃もたれと吐き気に襲われます。ルーから作ったカレーなら大丈夫なんですが、レトルトのハヤシはダメです。レトルトのカレーは試していないのでわかりません。

  • 塩分の強いもの全般

むくみや高血圧を気にしないといけない身としてはありがたいのですが、塩分の強いものを食べると気持ち悪くなるようになりました。食べた後しばらく口の中が変な味になってしまいます。特に汁物だと顕著なような気がします。

  • 脂っこいもの全般

これも体重管理が気になる身としてはありがたいのですが、脂っこいものはその時は食べられても、その後ひどい胃もたれに襲われて、その日はもう何も食べられなくなります。

  • ルイボスティー

つわり中に飲みすぎて飲めなくなった感じです。つわりのピーク期に同じ飲み物を続けて飲むと味がしなくなってきたのですが、メインで飲んでいたのがルイボスティーだったので今飲んでも味がしない気がして飲めなくなりました。妊娠前から飲んでいて結構好きな味だったのに、不思議です。

つわりが終わっても「元通り」じゃないのが辛いところ

f:id:eicobaby:20160420045937j:plain つわりが終わって1カ月近く経ちますが、未だに食べられないものがあるし、少しでも食べすぎると胃もたれに悩まされます。

それでも、つわりの時期と比べれば基本的には食事は美味しいし、料理をする楽しさを思い出せました。

つわりの間は、時間が経つのが遅く感じられて辛いことばかりだと思いますが、一つでも多く食べられるものを見つけられると少しは体が楽になるのかなと思います。

つわりについてはこちらの記事も参考に!

eicobaby.hatenablog.com

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。