読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

チアシードのいろいろな食べ方を試してみた!妊婦に嬉しい便秘解消効果も。

妊娠中---妊娠中期 妊娠中---妊婦ごはん 妊娠中---妊娠中のマイナートラブル 妊娠中

チアシード、流行ってるみたいですね。

いつもならチアシードのようなスーパーフードは使いこなせないのでスルーするんですが、妊婦に嬉しい便秘解消効果があると知り、思わず買ってしまいました。

買ったからには日常的に取り入れたいので、いろいろな食べ方を試してみました!

まずは定番?朝食のシリアルに混ぜる食べ方

f:id:eicobaby:20160416041012j:plain 割と直球の食べ方でしょうか。

まずは、毎朝食べているシリアルにチアシードを混ぜてみました。

いつもの量のシリアルにチアシードを小さじ1ほどかけて、牛乳をいつも通りかけ、10分ほど置いておきます。

チアシードは水分でふやけることでグルコマンナン(水溶性食物繊維)が粒の周りに膜を作り、満腹感を与えてくれるとともに、便秘解消の嬉しい効果をもたらしてくれるそうです。

さらに、よく噛むことで、殻の中にあるオメガ3も効率良く吸収できるようになるそうですので、歯ごたえのあるシリアルと混ぜると良さそうです!

手作りいちごジャムに混ぜる食べ方

続いて、手作りいちごジャムにも混ぜてみました。 f:id:eicobaby:20160416041126j:plain

こちらのレシピをベースに、砂糖を控えめにして妊婦仕様にしています。レンジで加熱後、粗熱を取ってからチアシードを大さじ1ほど加えて混ぜて冷やします。

チアシードの栄養分は熱に弱いという説もあるので、粗熱を取ってから加えることにしています。

チアシードを加えると、砂糖が少なめのジャムでもチアシードの効果でしっかりとろみがつくのに、いちごの種とチアシードが同化するので見た目上違和感なく食べれる点がポイント高いです!

甘さ控えめのいちごジャムは葉酸もたっぷりで、妊婦のおやつとしていちごミルクにすると美味しいです。

ポン酢に混ぜてジュレにする食べ方

f:id:eicobaby:20160416042916j:plain チアシードは味がしないので料理にも使いやすいはず!と思ったのが、チアシードを買うに至ったポイントです。

ということで、とろみが出る特性を活かしてポン酢にチアシードを小さじ1ほど混ぜて、半日置いてみました。

冷しゃぶに乗っけてみましたがお料理の邪魔をせず、とろみが付いてお肉や野菜に絡みやすかったです! f:id:eicobaby:20160416053436j:plain 見た目のツブツブが気になるかもしれませんが、ゴマだと思えば平気でした(笑)。

同様にドレッシングもジュレ化できるんじゃないかなと考えています。

炒め物にも!とにかくいろいろな料理にチアシードを一振り

チアシードがここまで料理の味を邪魔しないのであれば、どんな料理にもチアシードを混ぜてしまえばいいのではないか、という考えに至りました。

ということで、 f:id:eicobaby:20160416041337j:plain 炒め物にもチアシードを混ぜてみました!

こんな食べ方あり?!と思われそうですが、全く違和感はありませんでした。

むしろ、時間とともに葉物野菜から出る水気をチアシードがいい具合に吸ってくれるので翌日になっても美味しくいただけました。

ここまで来ると、もはや何にでも合いそうです。

これなら日常的にチアシードを食べられそう!良かった!!

チアシードの摂取量の目安と注意点

最後に、チアシードは食物繊維を豊富に含むので食べ過ぎはかえって体に良くないようです。

目安としては1日に大さじ一杯分が望ましいとされています。

また、チアシードに含まれる食物繊維が水溶性であることから、あらかじめ水分を含ませる食べ方が良いようです。

十分な水分と一緒に食べないと、チアシードが腸内の水分を吸収してしまい、かえって便秘になってしまう恐れもあるようです。

さて、気になるチアシードの効果ですが…食べ始める前の3日間は便秘でしたが、食べ始めてから毎日お通じが復活しました!便秘解消です(^O^)

上手に使えば妊婦に嬉しい効果が満点のチアシード。いろいろな食べ方を研究して、日常的に食べ続けていきたいです!

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。