読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃんと暮らす。in London

イギリス・ロンドンで赤ちゃんとの暮らしを整えていくための記録。

<5w0d>妊娠したら胎嚢確認?イギリスは12週まで超音波検査がない!

妊娠中---NHS・GP 妊娠中---妊娠中のマイナートラブル 妊娠中---妊娠初期 妊娠中

妊娠検査薬で陽性を確認したら、産婦人科を予約して、超音波検査で胎嚢確認…

日本では当たり前のこの流れも、海外ではありえないなんて!

そこで、早い時期に超音波検査が必要となった場合の選択肢を私の経験を踏まえてご紹介します。

f:id:eicobaby:20160301231245j:plain

イギリスでは、超音波検査は原則12週から

妊娠検査薬で陽性を確認したら、GP(家庭医、風邪でも怪我でも見てくれる)を予約するんですけど、GPによる妊婦健診では超音波検査なんてしません! 問診と、体重測定、それから血圧を測るくらい。

じゃあ、超音波検査はというと、GP経由手配してもらって産院となる病院の産婦人科でおこなわれます。

2回だけ。

そう、40週の妊娠期間を通じて、たったの2回なんです!

最初の超音波検査は12週頃。正常妊娠の確認とダウン症のスクリーニング検査をします。 次は20週頃。胎児の発育を確認します。

これだけ。だから、赤ちゃんの性別がわからないままの場合もしばしばあるのだとか。

今の時点では性別とかより、正常妊娠を早く確認したいというのが本当のところ。 だって「コウノトリ」とかでも子宮外妊娠の怖さは感じさせられてるし。何よりまた流産する可能性もあるから成長を確認したい!

私費診療を使えば好きな時に超音波検査を受けられる。ただし…

ここまで書いたのは無料で受けられる公共診療の話。 自腹を切って私立のクリニックにかかればある程度好きな時に超音波検査を受けられます。

それでも、一般的なクリニックでは早くても7週くらいにならないと超音波検査を受けさせてもらえません。

…子宮外妊娠だったら破裂しちゃうんですけど。

日系クリニックならいつでも超音波検査を受けられる。ただし…

そこで登場するのが、日系の経営で日本人医師が勤務していて、日本式に近い医療サービスを提供している日系クリニック。

ここであれば4週だろうが5週だろうが超音波検査で胎嚢確認と正常妊娠の確認をしてくれます。

でもね…高いの。

妊婦健診1回(問診と超音波検査)で約6万円(£300)!

ご自身やご家族の勤務先が負担してくれる場合はいいでしょうけど、我が家は部分負担のみ。結局ウン万円が自己負担となるのです。 ちなみに、さっき書いた私費診療では約2万円(£100)も出せば超音波検査は受けられます。今回は週数が早すぎたから診察対象外だったけど。

でも4w6dで出血して不安が…胎嚢確認したい!

4週の頃はまだほとんどつわりもなくて出歩けるくらい元気だったんですけど、4w6dのある日に出先で鈍い腹痛と「何かが出る…!」感じがあって、家に帰ってみると出血してました。ほんの少しだけ。

その日はもう遅かったので、翌日健診予約をしました。高い日系クリニックに…。

結果的に胎嚢確認と正常妊娠の確認はできました。 …でも、気になる膀胱炎について話をしたら、妊婦によくある頻尿だと片付けられてしまいました。痛みもあるって言ったのに。ウン万円払ったのに。

次回予約の営業はかけてくるくせに、まともな診察をしてくれない…。

このとき膀胱炎の治療がされていたら、と今でも思いますがもはや後の祭り。10日後に文字どおり血を見ることになります…

後日談:出血があるときはNHSで超音波検査・診察を受けられる

後になってわかるのですが、NHSには通常のantenatal appointment 以外の緊急時に利用できるEarly pregnancy unitがあります。 Walk-in clinicがあれば予約なし、即日で診察を受けられます。

詳しくはこちらの記事にて。

eicobaby.hatenablog.com

Early pregnancy unit やWalk-in clinicがなくても、妊娠中の異常時はA&E(救急診療)に駆け込んで良いとGPから教えてもらいました。 

知らなかったがためにウン万円払ったうえに、膀胱炎を悪化させちゃったけど、早い時期で知ることができてよかった!ということにしておこうか。

本サイトではAmazonアソシエイト、iTunesアソシエイトを利用しています。